キャッシングの審査について

借りたい時に必要な分だけ借りれる便利なキャッシングやカードローンですが、借りるには必ず審査があります。

審査何て大体で良いなどと思っていると、通る審査が通らない何て事もザラにあるのです。ここでは審査時に気をつけたいポイントを紹介したいと思います。

審査に通りそうなキャッシング会社を選ぶ事は絶対条件

生活している中でお金が足りない、何とかしなければという場面は多く出てきます。そんな時に考えるのがキャッシングで、キャッシングを取り扱う金融機関は多岐に渡ります。

銀行や消費者金融などがメインとなりますが、どちらにしても「審査」は避けては通れないものとなります。もちろん審査に通らなければキャッシング自体が出来ないので、審査に通るには抑えておきたいポイントがあります。

その中でも肝心なのが、どこで借りるか?でこれは非常に大切な事になります。手当たり次第にキャッシングの申し込みをして運悪く審査に通らない時には、申し込みブラックとなり申し込み自体が出来ない状態にもなり兼ねません。

自分がいくら借りたいのか?どこだったら借りれそうなのか?各社の申し込み資格や審査基準を調べて申し込みをする事が必要となります。

自分で把握できない、どうしたら調べられるかわからない方は仮審査・お試し審査を使うものありです。ただし仮審査なので、結果は参考程度にとどめましょう。

>>キャッシングのお試し審査ではどのようなことがわかるの?メリット・デメリット

こちらのサイトがわかりやすく解説していていいでしょう。

自分の借り入れ状況などをきちんと把握する

キャッシングの審査において気にしておきたいのが、自分の現在の借り入れ状況です。昔と違い現在では総量規制が導入され、消費者金融や信販会社などでは年収の3分の1までしか借り入れが出来ません。

新しくキャッシングをしようとした考えると、既に他での借り入れがあればその分も合わせてとなるので注意が必要です。申し込み時に現在の借り入れ額を把握しておかないと、年収の3分の1を超えた希望額を記入してしまえばそれだけでも審査に通らない可能性もあります。

また自分の勤務先や住所などのいわゆる個人情報に誤りがあれば、在籍確認が取れないなどといったケースも考えられるので申し込みの際にはきちんと確認しておく事が重要です。

1度審査に落ちたら次の申し込み先には気をつける

キャッシングをしようとして仮に大手の消費者金融に申し込みをして、その結果審査に落ちてしまうケースがあります。しかし審査に落ちてしまったからもういいや、とはならないので次の借り入れ先を探す事になりますがその際には十分な考慮が必要です。

大手の消費者金融で審査に落ちてしまったのに、また違う大手の消費者金融に申し込みをしたとしても審査に通る可能性は低いと判断した方が無難です。大手の消費者金融ではスコアリングシステムと呼ばれる、その人の属性を機械的に点数付けして融資可能かどうかの判断をする会社が多いのです。

その為同じ様にスコアリングシステムを採用している違う消費者金融に申し込みをしても、また同じ様な結果になってしまう可能性が高いと考えて良いでしょう。なので大手の消費者金融で審査に落ちたら、次は中堅の消費者金融に申し込みをするなどといった対策が必要となります。

十分な下調べが審査通過のポイント

以上の様に審査に通るか通らないかはやってみないと分かりません。しかし自分の属性などをきちんと把握すれば、どこだったら通りそうなのかの目安は付きやすくなります。

絶対に借りなければいけない状況であれば、適当に申し込みをするのではなく十分な下調をして借り入れ出来る可能性を探しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする